PRE-ORDER

CHARACTERS

この世界には、さまざまな種族の住人たちが
それぞれの思惑や動機を持って息づいている。

ここではプレイヤーである覚者に深くかかわってくる登場人物の一部を紹介しよう。
あなたの行動によっては、その関係性はより深いものへと変化していくかもしれない。

世界の理を紡ぐ者たち

  • 竜

  • 覚者

    覚者

  • ポーン

    ポーン

  • 竜

    ドラゴン(日本語ボイス:菅生隆之)

    世界の破滅を象徴する存在。
    巨大な翼で天空を自在に舞い、吐き出す炎はすべてを灼き尽す。
    人々はその降臨に恐怖し、ある者は神として崇める。

  • 覚者

    覚者

    プレイヤーの分身。
    竜に心臓を奪われ、竜を屠る宿命を負いし者。

  • ポーン

    ポーン

    覚者に献身的につき従う異世界からの旅人。
    プレイヤーが個性を与え、AIで動く彼らとの共闘はマルチプレイのような感覚だ。

冒険を彩る者たち

  • Ulrika
  • Nadinia
  • Brant
  • Disa
  • Menella
  • Wilhelmina
  • Sven
  • Glyndwr
  • Doireann
  • Lennart
  • Sigurd
  • Luz
Ulrika

Ulrika

ウルリーケ(日本語ボイス:いなせあおい)

竜砦の村メルヴェの若きリーダー
強い責任感の持ち主で、村人の暮らしを護るべく武技の修練に励んでいる
竜の来襲を受けた砦で、心臓を奪われ傷ついた覚者を介抱した

Nadinia

Nadinia

ナデニア(日本語ボイス:加隈亜衣)

炎の信奉国バタルを治める巫女
幼少から王たる教育を受け、若くして一国の長となった
国の平和と繁栄を願う心優しさから、バタルの民の厚い信頼を集めている

Brant

Brant

ベルント(日本語ボイス:安元洋貴)

城都にて警備長を務める、実直で正義感に満ちた軍人
王宮内では“反公妃派”とされ、降格された
ヴェルムントのあるべき姿を憂慮し、現れた覚者に協力を申し出る

Disa

Disa

ディーサ(日本語ボイス:園崎未恵)

ヴェルムントの先代王の妃で、崩御後の国政を預かる人物
溺愛する息子スヴェンを次代の王に就けるべく策を巡らせている
王族の気品、そして高慢さを持ち、冷徹に人をあしらう

Menella

Menella

メネラ(日本語ボイス:志田有彩)

巫女が祈りを捧げる"奉炎殿"の近衛兵を束ねる獣人の女性
分け隔てなく民に接する女王ナデニアに忠誠を尽くしている
種族間に絶えない差別意識を憂え、自身はより正しくあろうと奮進する

Wilhelmina

Wilhelmina

ヴィルヘルミナ(日本語ボイス:山口立花子)

城都に館を構える"薔薇の宮殿"の支配人
王宮の要職者にも顔が利く
妖艶さの内に、知性と包容力を湛えた謎多き女性

Sven

Sven

スヴェン(日本語ボイス:新祐樹)

公妃ディーサの愛息にして、次代の“預かり王”候補の少年
母の謀略には与せず、“正しくあること”を願い身を案じている
生まれ持った気品と少年らしい素直さを持つが、世間知らずな一面もある

Glyndwr

Glyndwr

グリンドール(日本語ボイス:家中宏)

孤高のエルフ族には珍しい、柔和で内気な雰囲気を醸す青年
人間族の使う道具に興味を持ち、人間語も流暢に話す
エルフ族の衛士には欠かせない弓術が不得手なことに引け目を感じている

Doireann

Doireann

ドゥーラン(日本語ボイス:加隈亜衣)

森深い里に住むエルフ族の娘で、グリンドールの妹
大人しく、上品な振る舞いの箱入り娘
兄の影響で片言ながら人間語を解し、他種族の者にも棘なく接する

Lennart

Lennart

レンナルト(日本語ボイス:てらそままさき)

竜砦の領主に仕えてきた剣士で、ファイターのジョブマスター。
類まれなる剣技と統率力で、竜の災いから国土を護る砦をまとめ上げていた。
すでに第一線は引いた身だが、その剣力は衰えをみせない。

Sigurd

Sigurd

シグルト(日本語ボイス:斧アツシ)

故あって竜族の魔物を追う魔剣士のジョブマスター。
寡黙な面持ちに探求心を秘め、その修練は止むことがない。
竜族の退治に執念を燃やし、竜の姿を追って世界を巡る。

Luz

Luz

ルズ(日本語ボイス:三石琴乃)

ヴェルムントの託宣師であり、幻術師のジョブマスター。
偽りの覚者と王位を巡る王国の政争にわが身の危険を感じ、現在はどこかに身を隠している。

PAGE TOP